「映画が与える感動は国境や民族の違いを越えて、人類が持つ偉大な、コミュニケーションのひとつだ。」と語るのは澤田拳也。彼はアジアの中でも、最も激しく過酷なアクション映画が生み出される地、香港でそう語った。

 2000年日本公開の「ホーク/B計画」に主演の鷹見刑事役として澤田拳也が出演し格闘家の実績を活かしたアクションを披露している。

 彼への評価は国内のみに収まらない。が、彼は決してその評価に甘んじることはない。国境を越えた俳優として世界へ飛び立つ日は近いのかもしれない。